移動にお金をかけたくないなら|夜行バスの利用がお勧め

バスの細かな違い

路線や内装で変わることも

車内

乗合バスの中でも、高速道路を使ってより遠くの目的地まで走行するものを高速バスと呼びます。
同じ距離を走る鉄道などと比べても料金が安いため、旅行にかかる経費を少しでも抑えたい人たちに人気が高く利用者も多い交通手段の一つです。
一言に高速バスと言っても色々な種類があり、用途や目的に合わせて最適なものを選ぶことが大切です。
走行する経路や時間帯で分けると、昼間に高速道路を使って遠くまで移動するものを高速バスと言います。
駅と住宅地を結ぶような走行距離の短いものは路線バスと呼び、決定的な違いがあります。
中でも夜中に走行するバスのことを、特に深夜バスと言います。
高速道路を走る点は同じですが、夕方や夜に出発して目的地には朝や昼間に到着するのが特徴です。
深夜バスの場合、走行中にバスの中で仮眠をとれるよう、リクライニングシートが充実しているのが一般的です。
バスの内装や装備から種類を分けることもできます。
利用者が多い大都市間を結ぶ高速バスは、一台の車両に多くの乗客を乗せることができるよう2階建てのバスが多く運行されています。
1階と合わせてどちらにも乗客を乗せられるため、客席が非常に多いのが特徴です。
2階だけでなく1階の乗客席にも外を見るための窓が用意されているバスのことを、特にダブルデッカーと言います。
この車両は見晴らしがよく、走行中に外の景色を楽しみたい旅行者から好評です。
一度の走行にそれほど多くの利用者が期待できない場合には、一般の大型バスが用いられます。
いわゆる観光バスに多く使われるタイプのバスで、車内は1階建てが基本です。

周りの人に気を付ける

バス

電車と同じように移動手段として広く利用されているのが、高速バスです。
交通費を抑えられたり、夜寝ている間に移動できたりとメリットは大きいですが、高速バスならではのマナーもいくつかあります。
トラブルになりやすいのは、食べ物や飲み物です。
においの強い食べ物を持ち込んでしまうと、バスの中ににおいが充満します。
窓を開けることができないバスでは換気が難しく、そのまま何時間も耐える必要があります。
車酔いになる原因にもなるので、電車以上に飲食物のにおいには気をつけましょう。
同じ理由で、アルコールの持ち込みも嫌われます。
バス会社によっては禁止していることもあるので、注意しましょう。
また、リクライニングも時には問題となるので、リクライニングを倒す際には、必ず後ろの人に声をかけましょう。
そして声をかけたからと言って、限界までは倒さないように気を配ることが大切です。
当然ですが、倒せば倒すほど後ろの人のスペースが狭くなります。
パーキングエリアに止まった時に外に出られないのは、迷惑極まりないです。
どれくらいまで倒せるかの加減は難しいところですが、少し遠慮しておくに越したことはありません。
最大まで倒してのんびりしたい方は、初めから最後列の席を予約するなど配慮が必要です。
高速バスでは、知らない人と長い時間同じ空間を共有することになります。
電車と違ってデッキに立つことができないので、何かを不愉快に感じても自分の席で我慢するしかありません。
自分が我慢を強いられる側になったことを考えると苦痛は想像できるでしょう。
せっかくの旅が些細なことで台無しにならないよう、高速バスに乗るときはご注意ください。

品質を自由に選択できる

レディ

旅行や出張などで利用することの多い高速バスは、乗車料金がとても安いことが特徴で、多くの方から高い評価を得ています。
とくに長距離移動を繰り返す利用者にとっては、大変有り難い存在となっており、実際たくさんの利用者が高速バスを利用してお得に各地に移動しています。
高速バスの利点は乗り換えなどの手間が掛からず費用が安いだけではありません。
その使い勝手の良さも、魅力の一つとなっています。
特に予約がとても簡単に取れるようになっている点は、利用者の多くから支持されており、ネットからいつでも快適にチケットを入手可能です。
またハイデッカータイプの高品質の車両の利用や、クローズドドアタイプで運行するバスの予約なども気軽に選択できるようになっています。
また、自分にとって理想的な環境を選んで移動することができる点も、高速バスでの移動の大きなメリットと言えます。
基本的に高速バスの最大の魅力は利用料金の安さとなっていますが、平均的な利用料金としては、東京と大阪を移動するバスだと、2000円前後の価格設定になっています。
また東京と福岡を移動するバスだと、8000円前後の料金が相場です。
価格は利用するスケジュールや時期などによって変動するシステムとなっており、平均的な料金よりも大幅に安い料金において乗車できる時もあります。
乗車料金に関してはネットで調べれば細かい運行スケジュールとともにしっかりと記載されているので、事前に各種の費用の計算やスケジュール管理を行なうことが可能です。

比較の対象がある

カップル

高速バスは競争の世界とはいうものの、大手バス会社同士では大きな差は生じません。そのため、どの会社の便に乗車しても社内では快適に過ごすことができます。しかし、メジャーではないツアーバスの中に思わぬ掘出しものを見つけることがあります。

もっと読む

バスの細かな違い

車内

鉄道や飛行機などと比べると料金が割安な高速バスは、気軽に旅行を楽しみたい人たちから高い人気を得ています。一口に高速バスと言っても走行する時間帯や目的地によって種類も変わってきます。内装も路線によって違うので、乗る前に比較しましょう。

もっと読む

メリットデメリットを知る

子供

最近では長距離を移動する際に電車ではなく、高速バスを利用する人が増えています。選ばれているのはそれなりの理由が存在しているので、知っておくといざ旅行を計画する時に移動手段を選択する際のポイントになります。

もっと読む